いざというときの海外旅行保険

海外旅行保険を加入しておくメリットを紹介

けがや病気をしたときに海外旅行保険は便利

海外で病気やけがをしたときは全額負担だった

旅行会社のツアーの充実や格安航空券の登場によって、海外旅行の利用数が増加傾向にあります。これまで味わったことがない海外の文化と自然を楽しむのが目的ですが、ただ楽しい海外旅行も大変な部分があったのです。それがけがや病気をしたときであり、けがや病気が薬を飲んで数日治る程度なら残念な思いはしますがまだましな方といえます。海外では日本には存在しないウィルス感染そして強盗のリスク、そして交通マナーなど日本とは違う法則が原因で入院しなければならないほどの状態になることがよくあるのです。しかし海外の病院は国外の保険適用ができないところが多く、もし入院しなければならない病気やけがをした場合その医療費負担はすべて全額負担になってしまいます。それではせっかく貯めた旅行費を入院費に使ってしまうだけでなく、その負担費用の額によっては帰国後の生活にも影響を与えてしまうのです。

これまで海外の医療費負担は全額負担だったので、海外を旅行する人にとっては避けられない病気やけがをしたときのリスクを考えなければならず大変苦慮したポイントです。そこで旅行会社や航空会社そして銀行がタッグを組み、現在の海外旅行の需要に合わせて新しいサービスとして作ったのが海外旅行保険なのです。海外旅行保険は、海外でどうしても避けられない病気やけがをして入院しなければならなくなった時に、事前に加入して積み立てておくか一定額を支払っておくことで加入する保険になります。この海外旅行保険に加入しておくことで、もし海外の病院に入院しなければならなくなった時に連絡をすれば支払っておいた保険金が海外の病院に支払われるので負担軽減になります。さらに病院が保険適用されない場合は、帰国後に病院で入院したことを証明できれば後日銀行振り込みという形で費用の一部を還元してくれるのです。この海外旅行保険の創立によって、これまで全額負担だった医療費を考えなくて済むので安心して旅行を楽しむことができます。

けがや病気だけでなく盗難被害も保証している

創立当初の海外旅行保険は病気やけがだけを対象にしていたのですが、それとは別に海外旅行で起こりうることもサービス内容に加えるようになっています。それが盗難被害などの、自身の持ち物が紛失したり破損して使えなくなった場合の保証です。海外の国々にとって治安の度合いは違いますが、特に個人情報が載っているパスポートやクレジットカードだけでなくスマートフォンは窃盗犯にとっては絶好の獲物になので最も狙われやすい品物になります。特に日本人は裕福で窃盗に対する無警戒感が強いというイメージがあるため、海外の窃盗犯にとっては日本人は最も狙う対象になっているのです。そこで海外旅行保険では盗難や紛失そして破損をして使えなくなった時に、事前に積み立てておいた資金を送ることで随行品の代わりを送ってくれます。さらに失ったものがスマートフォンやクレジットカードだった場合には、悪用される前に契約している企業の変わりに連絡してもらって契約解除も行ってくれるので便利です。

人気記事ランキング